top of page

ヒヤシンスハウス

更新日:6月26日




今から90年近く前のこと

詩人であり、若き建築家でもあった

立原道造が小さな小屋のスケッチを描いた。


それは立原が詩作や設計で多くの時間を過ごした

自宅の屋根裏部屋ほどの広さの、 彼自身のための別荘で

「HAUS HYAZINTH」という名をつけた。

しかし、翌年に立原道造は肺結核によって

スケッチした別荘に取り掛かる時間さえ与えられず

わずか24歳にして早逝してしまう。


2004年11月

建築家や文芸家の呼びかけをきっかけに

集まった全国からの寄付によって

ヒヤシンスハウスは

立原の没後65年を経て完成した。



それからさらに20年が経ち

初めて訪れた、その小さな別荘は

緑豊かな湖畔にすっかり馴染んでいた。


緑色の扉を押して中へと入ると

大きく開いたコーナーの窓のおかげで

外に視線を導かれて、その空間が

5坪にも満たないことを忘れさせてくれる。


50代半ば頃からだろうか 記憶の厚みと比例して増えていった持ち物を

減らすことを意識するようになってからというもの

程よい広さとそれに見合うモノはどれ程だろうか…

と、そんな問いかけが今も続いている。

Comments


bottom of page